main graphics

趣旨と概要

プログラムの概要よくある質問関連URL

プログラムの概要

日本とドイツの双方の大学が協力して大学院博士課程の教育研究を共同で行い、プログラムに参加する学生が出身大学において博士号を取得することを支援する日本学術振興会とドイツ研究協会の「日独共同大学院プログラム」(平成19年度)に、東京大学総合文化研究科とマルティン・ルター・ハレ・ヴィッテンベルク大学(ドイツ)が採択され、2007年9月から2012年8月までの期間、日独共同大学院プログラムは、以下のような集中的な学生・教員の相互派遣および大学院博士課程の共同教育を通じて、日独の大学院における組織的な学術の国際交流を促進し、博士課程における若手研究者の養成及び国際的な共同研究の充実を図ってきました。
本プログラムの実績と成果が認められ、2012年9月から2017年8月までの期間、新規プログラムとして、東京大学とハレ大学のプログラムが再び採択されました。新規プログラムでは旧プログラムで確立された共同教育・研究体制を基盤に、これまで以上に国際的な若手研究者養成に力を入れ、国際的な共同研究を推進していゆきます。

  1. 総合文化研究科とハレ大学第一哲学部とのあいだで締結された「学術交流協定」ならびに「学生交換に関する覚書」 に基づき、総合文化研究科博士課程在籍者(本プログラム登録者)のうち、年間6名程度が10ヶ月以内、本プログラムによる海外滞在旅費援助を受けてハレ大学に滞在する。博士論文作成のためのドイツにおける現地調査の助成も実施する。
  2. パートナー校での集中講義のために教員の相互派遣を行なう。
  3. 日独双方の教員による複数指導教員体制を整備する。具体的には、ハレと東京で交互に開催される共同セミナー等の機会を利用し、プログラム参加学生に対して、日独各1名の指導教員を選定し、研究指導を行なう。
  4. 上記の共同セミナーを通じ、日独双方のプログラム参加学生間、教員間の交流の緊密化をはかる。
  5. 上記の共同セミナーとあわせてシンポジウムを開催し、共同研究課題(市民社会の展開に関する日独比較 )に関する共同研究を進める。

よくある質問

登録編

  1. 日独共同大学院プログラム科目の単位(6単位)を博士課程の修了必要単位(20単位)に含めることはできますか

    →できません。日独共同大学院プログラム科目の単位は、博士課程の修了必要単位に追加的に履修してください。
  2. ドイツ語ができなくてもプログラムに登録することはできますか

    →本プログラムは、ハレ大学への留学を中核としたプログラムであり、高度なドイツ語運用能力の獲得も目的のひとつとなっています。事情により例外を認めないわけではありませんが、研究上、ドイツ語を必要としない方の登録は基本的には勧めていません。
  3. 休学中でも海外滞在旅費援助を受けることはできますか

    →休学中でも、プログラムの海外滞在旅費に申請することはできます。ただし、休学者は旅費の支払いを受けることはできませんので、援助を受ける時期には復学してください。
  4. 日本学術振興会の特別研究員もプログラム登録できますか

    →できます。日本学術振興会の特別研究員は、特別研究員奨励費と平行して、本プログラムの海外滞在旅費援助を受けることが可能です。
  5. DAAD等、他の留学奨学金との併用は可能ですか

    →プログラム登録中に、他の留学奨学金を受けて留学することは可能です。ただし、留学にともなう休学期間中は、本プログラムの海外滞在旅費援助を追加的に受けることはできません。
  6. プログラムに登録すれば、必ずハレ大学に留学できるのでしょうか

    →ハレ大学への留学者は、年間6名程度を想定しています。希望する方は、前年度の募集時(11~12月頃)に海外滞在旅費を申請し、審査を受けてください。
  7. 留学以外でも、ドイツに渡航する場合には、海外滞在旅費による援助を受けられるのでしょうか

    →はい。毎年10月に行なわれるハレ大学での共同学生セミナー、短期の研究調査・史資料収集のために海外滞在旅費を申請することができます。ただし、留学者への援助が優先されますので、短期滞在者への援助額・採用件数は年によって変動するものとお考えください。

留学編

  1. ハレ大学に留学する場合、指導教員はどのように選べばよいのでしょうか

    →ハレ大学のHPに指導教員の一覧があります。指導を希望する教員と実際にコンタクトをとる場合には、日独共同大学院プログラム運営委員会(日本)を通してください。なお、ハレ大学第一哲学部の教員であれば、一覧に掲載されていない教員であっても指導をお願いできる可能性があります。これに該当する場合は、日独共同大学院プログラム運営委員会(日本)にとくに早めにご相談ください。
  2. ハレ大学に留学する場合、指導教員はいつまでに選べばよいのでしょうか

    →長期滞在旅費を申請する際には、ハレ側のコーディネーターに留学希望時期と希望する指導教員がすでに伝えられている方が望ましいでしょう。
  3. 留学手続きはいつから始めればよいのでしょうか

    →留学開始(4月もしくは10月)の3ヶ月前には、ハレ大学に必要書類が提出できるよう準備してください。海外渡航に必要な書類は提出書類ダウンロードでご確認ください。
  4. どのような立場で留学することになるのでしょうか

    →総合文化研究科とハレ大学第一哲学部とのあいだで結ばれた学術交流協定ならびに学生交換のための覚書に基づいて、Gaststudent ohne Abschluß(博士号を取得しない留学生)として学籍登録することになります。学振特別研究員の方は、Gastwissenschaftlerとして滞在します。その場合、単位取得、学生寮、語学プログラムの参加等々において、協定による留学者とは扱いがかなり違いますのでご注意ください。
  5. ハレ大学以外の大学に長期滞在することはできますか

    →できません。ただし、研究調査・資史料収集のために他都市に短期間滞在することは可能です。日独の指導教員とよく相談し、両者の了解をえた上で調査日程を組んでください。
  6. 学生寮に入ることはできますか

    →協定による留学者は、留学手続きと同時に申請すれば入ることができます(家族用の寮もあります)。ただし、学振特別研究員は学生寮に入寮することはできません。研究員用の宿泊施設への入居仲介を依頼することはできます。
  7. 留学先のハレ大学で語学プログラムはありますか

    →あります。協定による留学者は、事前に手続きを行なえば、ハレ大学の提供する語学プログラムに参加することができます。学振特別研究員は、基本的にはこの語学プログラムには参加できません。近郊のヴィッテンベルクに語学学校がありますので、希望する方はそこでの受講をご検討ください。
  8. 研究室はありますか

    →プログラム参加学生用の共同研究室があります。基本的に、個人のノートPCを持ち込んで使うことになっていますが、ドイツ側の好意により、現在、日本からの留学生用としてPC3台が用意されているそうです。

関連URL

日独共同大学院プログラム関連URL

その他の関連URL