main graphics

カリキュラム

カリキュラムの特徴博士論文完成までの流れ(図)

カリキュラムの特徴

追加的教育プログラム

  • プログラム登録者は、博士課程修了必要単位(20単位)に加えて、日独共同大学院プログラム科目より6単位を取得する。
    博士論文作成については専攻の規定に従う。
  • プログラム修了者には日独共同大学院プログラム修了証が授与される。

「サンドイッチ方式」による留学と海外滞在旅費支援

  • プログラム参加学生は、原則として、出身校→パートナー校→出身校の順に滞在する「サンドイッチ方式」による教育を受けるものとする。
  • 年間10ヶ月以内のハレ大学での研究滞在ならびに博士論文作成に向けた現地調査のための海外滞在旅費については、日独共同大学院プログラムの支援(月額:最大18万円程度)を受けることができる。

複数指導教員体制

  • プログラム参加学生は、ハレ大学からも教員1名を指導教員として選定し、日独双方の教員から研究指導を受ける。

外国語での成果報告

  • プログラム参加学生は外国語で成果発表を行うことを強く推奨される。

博士論文完成までの共同教育の流れ